一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2019.09.24 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

3月27日は薬膳の日でした☆

 

この日のメニューは。。。

*黒豆寿司

*炊き合わせ

*茶碗蒸し

*具だくさんの鶏ガラスープ

*黒糖杏仁

でした(^○^)

見た目にも体に優しそうで美味しそうなメニューですね♬♪

 

 

この献立に使われている薬膳についてご説明します。

 

 

黒豆寿司

《黒豆》

 

 「黒」は薬膳では元気の源である腎の色とされ、黒豆は代表的な黒い食材のひとつです。

 全身の余分な水分を取り除くので、水分代謝が乱れているときによいでしょう。

 また、血の巡りを活発にしてくれる作用があるので、継続して食べて、めまい、ふらつき、

 爪の割れ、生理不順、肌のくすみや乾燥、肩こり、抜け毛の予防に役立てましょう。

 

黒糖杏仁

《黒糖》

 

 黒砂糖には体を温めて、気・血・水の巡りをよくする働きがあるといわれています。

 手足や関節の冷え、悪寒をともなう冬の風邪に効果的です。

 肩こり、生理痛、頭痛など、冷えや血行不良による痛みの改善も期待できます。

 

 

これからも、様々な薬膳を使用した献立やその食材の効能などをご紹介していきたいと思います!

新年度を迎え、それぞれ新たな慌ただしい日々を過ごされていることかと思います。

気候も春らしく暖かくなり、桜の花も満開ですね☺✿

当院で月に何度かある行事食の日ですが、4月2日はお花見弁当でしたのでご紹介します♬

 


 

 

メニューは。。。

*筍の散らし寿司

*鶏の照焼き

*煮物

*菜の花の辛し和え

*サラダ

*焼きナス

*紅白うずらの吸い物

*りんご

*桜ようかん

 

でした(*^^*)

デザートの桜ようかんはあんから手作りしたものだそうです!

筍や菜の花など、春らしい食材がたくさんでとてもおいしそうでした〜(*・ω・)

ご入院中でお花見にいけない患者様も、少しだけお花見気分を味わうことができたのではないでしょうか☆彡

3月23日、栄養教室が開催されました!

今月は、代謝内科の西田先生より「糖尿病の三大合併症について」

のお話しがありました。

 

 

 

皆さん真剣に聞き入っていらっしゃいました!

 

そしてお楽しみのお料理は。。。

バイキングでした(。・ω・)♬

 

 

 

 

 

メニューはこちら⇊

*海鮮ちらし

*ウインナーと野菜のケチャップ炒め

*ほうれん草入り卵焼き

*ひともじの白和え

*きのこ汁

*ニッケ寒

*サラダ

*フルーツ

*ケーキ

 

 

簡単にですが、作り方も記載しておきますので、ぜひおうちでも

作ってみてください☆彡

 

 

 

《作り方》

*海鮮ちらし

1.米は洗って、いつもの分量よりも少し少なめの水加減で炊く。

  炊き上がったら合わせ酢をまわしかけしゃもじで切るように混ぜる。

2.まぐろとサーモンはそれぞれ1切れを10gに切る。

  菜の花はさっと茹で、ざるにあげておく。

  焼き海苔は細切りにする。

3.器にすし飯を盛り、焼き海苔を乗せ、上にまぐろ、サーモン、えび、菜の花を乗せる。

 

 

*ウインナーと野菜のケチャップ炒め

1.玉ねぎは繊維に沿って5mm幅に切る、

  ピーマンは半分に切り、種を除いて5mm幅に切る。

  しめじは石づきを除いてほぐす。

  ウインナーは斜め半分に切る。

2.耐熱容器に玉ねぎ、ピーマン、しめじを入れて混ぜ合わせ、レンジ加熱する。

  野菜がしんなりしたら、ウインナーとケチャップ、中濃ソースを加えて混ぜ

  1分ほどレンジ加熱する。

 

 

*ほうれん草入り卵焼き

1.容器に卵をほぐしておく。

2.ほうれん草は茹でて水にさらした後、水気をきって1cmの長さに切る。

  かにかまはほぐしておく。

3.卵の容器にほうれん草とかにかまと白だしをくわえて混ぜ合わせる。

4.フライパンにサラダ油をひき、中火で熱したら卵液を流す。

  周りが固まってきたら軽く混ぜふたをする。

  半熟状態になり、表面がかわいた状態になったら皿などに返して

  フライパンに戻して両面を焼く。

 

 

*ひともじの白和え

1.木綿豆腐を耐熱容器に入れ、ラップをしてレンジで2分程加熱した後、

  キッチンペーパーを敷いたざるにあげて粗熱を取る。

2.ひともじは茹でて軽く絞り2cmの長さに切る。

  人参はせん切りにして茹で、ざるにあげる。

3.木綿豆腐、味噌、砂糖をフードプロセッサーにかける。

4.ボールにひともじ、人参、すりごまを入れ、あえ衣と混ぜ合わせる。

 

 

*きのこ汁

1.えのきたけは根元を切り、3等分に切る。

  生しいたけは石づきを除いて薄切りにする。

  人参はせん切り、ひともじは小口切りにする。

  カットわかめは水に戻しざるにあげる。

2.鍋にだし汁を入れ、えのきたけ、生しいたけ、人参をくわえて火にかけ、

  沸騰したらあくを除いて薄口醤油をくわえて柔らかくなるまで煮る。

  カットわかめとひともじをくわえて火を止める。

 

 

*ニッケ寒

1.熱湯に寒天クックとマービー粉末をくわえて1分ほどよく混ぜ合わせたら、

  ニッケをくわえて混ぜる。

2.少し冷めてから容器に流し入れる。


PR

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM